page
Close

観光ガイド

情報源:台中観光旅行ネットワーク

すべて CultureLandmarksDiningShopping



高美濕地

高美湿地は清水大甲溪の河口南側に位置する重要な生態保育区です。面積は広くないですが、泥質と砂質が混じり合うことと、沼沢地帯が点在することで、豊かな動植物の生態を育んでおり、ここに暮らす鳥類は120種余りにも上ります。 また、美しい朝夕の変化と高美灯台、風力発電風車などの人工的景観の見事さでも知られています。ここには海風を満喫できる自転車道もあり、沿海の観光スポットとなっています。

台中国家歌劇院

「台中国家歌劇院」は世界的な建築家伊東豊雄氏の設計で、業界では「世界でもっとも施工が難しい建築物」と言われていました。 歌劇院は「音の洞窟 (Sound Cave) 」をコンセプトに、現代的な技術と建材を用い、硬質でそっけない環境を解放し、クールな都市の輪郭を生命力に溢れたやわらかなフィールドに変えました。 建物を取り囲む水の流れと屋上庭園で、舞台と観客、室内と屋外という二極化された区分を打ち破り、より多くの人が建築、芸術と対話できる空間を形作りました。生活の根本である「人」としての感覚への回帰を促しています。

彩虹村

欧州の古代競技場の多くは、円形の姿で屋外に作られています。屋外の円形空間は、劇場スペースに閉じ込められていたこれまでのパフォーマンスアートの常識を打ち破りました。 その規模、それとの関わり方は、観衆の生活スタイルと質を大きく羽ばたかせ、広い視野と直接伝わる自然の音声に触れる機会を提供「彩虹村」はこの地に長く住む「彩虹爺爺(虹おじいさん)」こと黄永阜さんが、この地の記憶を残そうと、絵筆を取りメルヘンの楽園を描いたことに始まります。堅い信念と無限の想像力で描かれた芸術的創作は唯一無二の「彩虹村」を作り上げました。彩虹爺爺の構図は生き生きとして愉快で、人生に対する温かみとやさしさにあふれ、誰もが驚きで目を見張るほどです。インターネットを通じて評判が広まり、今では観光客が大挙して押し寄せる人気の観光スポットとなっています。

大甲鎮瀾宮

大甲區鎮瀾宮は大甲を代表する観光地であり、台湾で最も知られた媽祖廟といえるでしょう。二百年余りの歷史を有し、年間を通じて参拝客が途切れることはありません。中でも毎年旧暦三月に行われる媽祖巡行は、世界でも珍しい宗教行事で、内外から大勢の見物客が押し寄せます。 鎮瀾宮には紫羅蘭ヒスイの媽祖像が、地下一階の「媽祖文化館」には黄金の媽祖像があり、ともに鎮殿の宝とされており、媽祖は今では「台中三宝」の一つに列せられています。台中旅行で必見のスポットでしょう。

逢甲夜市

逢甲商圏は文華夜市、逢甲路、西屯路、福星路、碧根広場などを含む逢甲大学の周囲一km内を指します。 市場調査によれば、逢甲商圏は若者が最もよく訪れる繁華街の一つです。平日であっても、その人出は三万人に達するほどで、台湾で最も有名な繁華街といわれています! ここにはオリジナル料理、昔懐かしい味、エスニックフードが食べられる店に加えて、若者向けの斬新なファッションが並ぶ店もあります。リーズナブルでおしゃれ、見て楽しめ、味覚も大満足です!(西屯区)

東海国際芸術街

「東海国際芸術街」は東海大学付近にあり、芸術的景観と人文的雰囲気にあふれた理想の国です。道沿いには、古い住居アパートを創意工夫で生まれ変わらせた美しい商店が十数棟続き、世界各地の工芸品と装飾品を並べています。足を止めコーヒーを味わえば、空気中に漂う芸術の気分に浸ることができるでしょう。芸術、商業、生活をつなぎ、個性と異国情緒が感じられる特別な街を堪能しましょう。 (龍井区)

台中都会公園

台中市の市交界の大肚山台地に位置する台中都会公園は、敷地面積88ヘクタールを誇る行楽,環境保護および環境教育などの役割を果たす目的で建設された大規模な都市森林公園です。「都会の森林公園」として広大な綠地空間を都市に提供する規模の大きい公園です。夕方に西の空に夕焼けが、夜には東の空に満天の星が見られ、そして北は天文観測ができる遊歩道が整備されています。

新光三越台中中港店は

新光三越台中中港店は、台湾中部における最も充実した快適なショッピングとエンターテイメントの百貨店です。多数のブランド店、中部最大のコスメコーナー、レディースファッションコーナーのほか、3C(コンピュータ、通信、コンシューマエレクトロニクス製品)ショップの法雅客(Fayaque)、青少年向けブランドの旗艦店コーナー、スーパーマーケット、豊富な家庭生活用品などをご用意しており、さらに中華料理や西洋料理のレストラン街をそれぞれ単独のフロアに設けております。このほか、新光影城(映画館)も併設しており、お客様の心身をトータルに満たします。

秋紅谷

春夏秋冬を問わず、秋紅谷広場はいつでもあなたを癒してくれます!台中市の台湾大道沿いにある秋紅谷広場は、台中地区特有の凹型市民レジャー緑地です。敷地面積3ha余りの秋紅谷公園には湖、マングローブ、芝生緑地、展望橋があり、散步、デート、スポーツにぴったり。日中は心地よい緑あふれる空間ですが、夜間にはライトアップされ魅力的な夜景スポットに早変わりです。開設からわずか半年ですが、早くも台中で大人気のスポットになりつつあります。

路思義教堂

路思義教堂は柱1本も使わず、屋根そのものが建築自体を支える仕組みで作られて、非常に奇妙な形にしており、世界にも有名な建築で、建築家イオミンペイ(貝聿銘)の代表作の一つです。路思義教堂を中心に、キャンパスの西側から、教学区、宿舎区、活動区、牧場区に分けられ、東側では第2教学区の建設があります。

宮原眼科

は台鉄台中駅に近い緑川の畔にあります。かつて眼科として開業していた赤レンガの建物は、日出グループに買い取られた後、赤レンガの外壁、門を完全に残し、赤レンガに木の天井を持つレトロな雰囲気のアーケードが生まれました。店内はクラシックな図書館のような内装で、吹き抜けの空間は魔法学校の内部のようです。中央には古井戸がありますが、井戸としては使用できないため、募金箱となっています。ガラス製で現代的な円形をしており、設計の工夫が見て取れます。